受験を諦めないで個別指導塾に通わせる

中学受験をさせようと思っても小学6年の段階で諦めてしまう親御さんが多いです。
無理に国語の勉強をさせようとしても、本人のやる気がなければ国語の成績は上がりませんので、中学受験ではなくて、高校受験に向けて考えを変えてしまいます。しかし成績が良くて中学受験のために勉強している子供は個別指導塾で国語の勉強をしています。
理数系の科目と違って国語は成績が良くなるコツがあり、そのコツを自分で探すのはなかなか難しいので、個別指導塾に行って苦手な教科を克服して中学受験に備えています。ただコツを掴んでもらうために勉強を教えるのではなくて、子供の実行力をうまく導き出してくれる講師に国語を教えてもらえれば、コツを掴んだ生徒はあっという間に成績が上がっていき中学受験対策をすることができます。国語はちょっとした方法を理解することができれば、その方法で試験問題を解いていくだけなので、その方法を教えてもらうために個別指導塾に通わせる親御さんが多いです。
志望校に合格するめに本人のやる気と実行力を導き出して、成績が良くなる方法を教えてくれる個別指導塾は限られてくるので、子供に合った個別指導塾を探してあげるのが親の役目なのです。